新生児聴覚検査費助成事業

新生児聴覚検査費助成制度について

 興部町では、令和4年4月1日以降に新生児聴覚検査を受けられる方を対象に、検査費用を助成致します。
新生児聴覚検査は、赤ちゃんの聴覚に異常がないかを発見するための検査です。
検査により、聴覚の異常を早期に発見し適切な治療を行うことで、言葉の発達への大きな効果が期待できます。聞こえの障害は目に見えず発見が遅れがちですが、早期に発見するためにも、新生児聴覚検査を受けることをお勧めします。 
 
 

対象

 令和4年4月1日以降に新生児聴覚検査を受けられる方で、検査日時点で興部町に住民票がある方。

検査内容

 OAE検査(耳音響放射検査)または自動ABR検査(自動聴性脳幹反応検査)。
※出産した医療機関において行われますが検査方法は病院により異なります。

助成額

 検査にかかる費用全額助成。
※新生児聴覚検査受診票を利用して受けられるのは初回検査のみです。確認検査が必要になった場合は、下記までご相談ください。

受診方法

母子健康手帳交付時に配布をしております「新生児聴覚検査受診票」を出産される医療機関の窓口へ提出してください。
 ※他市町村から転入された方や、紛失された場合など、お手元に受診票がない場合は下記までご相談ください。
 ※北海道外の医療機関で受診される場合、新生児聴覚検査受診票はご使用できません。事前に下記までご相談ください。


 

問合わせ先・担当窓口

福祉保健課 健康推進係

住所

〒098-1603 北海道紋別郡興部町字興部138番地の1(興部町東町)

電話
0158-82-4170
ファックス
0158-88-2130