北海道興部町


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 部署の一覧
  3. 介護支援課
  4. 保険医療係
  5. 後期高齢者医療保険料

後期高齢者医療保険料

保険料について

保険料の計算方法(平成28・29年度)

加入するすべての方が保険料を負担します。
保険料は、被保険者全員が負担する「均等割」と、前年の所得に応じて負担する「所得割」の合計額です。
年度の途中で加入したときは、加入した月からの月割になります。
    • H28.29後期保険料
※所得と収入の違い
「所得」とは、前年の「収入」から必要経費(公的年金等控除額や給与所得控除額など)を引いたものです。
なお、遺族年金や障害年金は収入に含みません。
また、社会保険控除、配偶者控除、医療費控除などの「所得控除」は適用されません。

保険料の軽減

(1)所得に応じた軽減
◆均等割の軽減(被保険者と世帯主の所得の合計で判定)
所得額がつきの金額以下の世帯 軽減割合 年間の均等割額
 33万円かつ被保険者全員が所得0円 ※ 9割軽減 4,980円
 33万円 8.5割軽減 7,471円
 33万円+(27万円×世帯の被保険者数) 5割軽減 24,904円
 33万円+(49万円×世帯の被保険者数) 2割軽減 39,847円
※ 年金収入のみの場合は受給額が80万円以下

◆所得割の軽減(被保険者個人の所得で判定)
所得が次の金額以下の方 所得割軽減割合
 所得から33万円を引いた額が58万円以下 2割軽減

(2)被用者保険の被扶養者だった方の軽減
この制度に加入したとき、被用者保険の被扶養者だった方は、負担軽減のための特別措置として、
所得割がかからず、均等割が7割軽減となります。

※被用者保険とは…
 全国健康保険協会管掌健康保険や組合管掌健康保険、共済組合など、いわゆるサラリーマンの健康保険のことです。市町村の国民健康保険や国民健康保険組合は含まれません。

保険料の納め方について

    • 後期保険料支払方法
保険料の納め方は、「年金からのお支払い」「口座振替」を選ぶことができます。
「口座振替」を希望される方は窓口か金融機関へ申出をしてください。
なお、新たに後期高齢者医療の対象となった方や興部町に転入された方は「年金からのお支払い」ができるようになるまで一定の期間(6~8か月程度)時間がかかります。その間は「納付書」または「口座振替」で納めていただくことになります。
また、次のいずれかに当てはまる方は「年金でのお支払い」ができません。「納付書」または「口座振替」により納めていただくことになります。

〔年金からのお支払いができない条件〕
年金額が年額18万円未満の方(介護保険料が年金から引かれていない方)
・介護保険料と後期高齢者医療制度の保険料の合計が、介護保険料が引かれている年金額の半分を超える方

問合わせ先・担当窓口

介護支援課 保険医療係

  • 電話:0158-82-4140
  • ファックス番号:0158-88-2130