北海道興部町


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 部署の一覧
  3. 産業振興課
  4. 商工観光係
  5. 北海道休業協力・感染リスク低減支援金

北海道休業協力・感染リスク低減支援金

 令和2年4月20日(月曜日)に、北海道より緊急事態宣言に伴う休業や飲食店における19時以降のアルコール類の提供自粛要請が出されております。
 当該休業等の要請にご協力いただき、感染リスクの低減に主体的に取り組んでいただける事業者を支援するための支援金制度の創設を北海道では進めているところであり、概要についてご案内いたします。
 ※5月4日(月曜日)に政府により5月31日(日曜日)までの緊急事態宣言の延長が決定されました。この決定に伴い、休業要請についても期間延長となっております。

休業等要請協力支援概要

協力をお願いする期間
4月25日(土曜日)から5月15日(金曜日)まで

  • 緊急事態宣言の延長に伴い、当初の期間である5月6日(水曜日)から5月15日(金曜日)まで休業業要請協力をお願いする期間も延長となっております。
  • 支援金の支給については、この延長後の期間まで継続して休業にご協力いただいた場合のみ対象となります。

休業等要請の対象施設の範囲
  • キャバレー、ナイトクラブなどの遊興施設等、体育館などの運動・遊戯施設、劇場等、博物館などの集会・展示施設、生活必需物資の小売関係等以外の店舗、生活必需サービス以外のサービス業を営む店舗などの商業施設、大学、学習塾等、文教施設。
  • 酒類を提供する飲食店における19時以降の酒類提供の自粛

※詳しくは、北海道「休業要請等について」ホームページに掲載した「施設の使用停止対象施設一覧」をご確認ください。
協力をお願いする内容・支援額
  1. 休業要請を受けた施設を休業すること (法人は30万円、個人事業者は20万円を支援)
  2. 酒類を提供する上記を除く飲食店において、酒類の提供時間の短縮(19時まで)行うこと(個人法人問わず10万円を支援)
  3. 感染リスクを低減する自主的な取り組みを行うこと
※支援金の支給については、5月15日(金曜日)まで継続して休業にご協力いただいた場合のみ対象となります。
支援金給付の申請に必要な書類
  1. 申請書
  2. 休業等の状況を確認できるもの
  3. 感染拡大リスクを低減する自主的な取り組み内容の確認
  4. 当該事業所の施設の実態や業種が確認できる資料
  5. 誓約書
※申請書、誓約書については、下記よりダウンロードいただくか、役場2階産業振興課及び沙留出張所(5月11日より)にて配布いたします。
申請期間及び申請先
申請期間:4月30日(木曜日)から7月31日(金曜日)当日消印有効
申請先:〒060-8588 (住所不要) 北海道庁 休業協力・感染リスク低減支援金事業 申請受付
※ 必要書類をご準備いただき郵送にて上記申請先へ郵送してください。
※ 郵送の際は、簡易書留や一般書留、レターパックプラス(郵便物の追跡ができる方法で、かつ配達時に受け取り確認がされるもの)で郵送してください。
※ 興部町役場では申請の受け付けは行っていません。

問合わせ先・担当窓口

休業要請専用ダイヤル(北海道)

休業要請支援についてのお問合せ

  • 電話:011-206-0104、011-206-0216

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかる休業要請等について

産業振興課 商工観光係

  • 電話:0158-82-2134(内線344)
  • ファックス番号:0158-82-2990